大栄カントリー倶楽部
〒287-0214千葉県成田市横山638 TEL0476-73-5522 FAX0476-73-5670 お問い合わせ
祝 ボイルドエッグズ賞 受賞作品 大橋慶三
   
 

「じらしたお詫びはこのバスジャックで 」
なんとこれが小説のタイトルかと驚くほど奇想天外な小説が発刊されました。
当倶楽部メンバーの大橋康夫様から2冊の新刊を頂戴しました。
よくよく話を聞いてみると、「うちの息子が、ボイルドエッグズ新人賞を受賞した本なので、良かったら読んで見てください」と、著者サイン入りの貴重な本をいただきました。
そもそもボイルドエッグズ賞を知らないボクは、早速ネットで調べてみるとガッツリ出てきました。

第14回ボイルドエッグズ新人賞発表! じらしたお詫びはこのバスジャックで 大橋慶三
(エントリーNo.36) 2012年6月25日

作品内容: 東京近郊のレンタルビデオ店で、栗山翔太は翌日も雨になってくれと願った。
気が重かった。父が家族でディズニーランドに行こうと言い出していたからだ。
残念ながら翌日の天気は快晴、ディズニーランドへ向かうバスには、栗山家の他に五人の客が乗り合わせた。
バスが出発してほどなく、乗客の一人がナイフを振りかざし奇声を上げた。
「オラー! バスジャックだ!」高速道をひた走る閉じられた空間で、展開は二転三転……さらに転がり続ける。
栗山家とその他の乗客、運転手らの人生はどこに向かうのか? 
ユーモラスかつ勢いのある文体で、閉鎖空間のドラマを縦横無尽に活写する、新しい才能の出現。

著者紹介:大橋慶三(おおはし・けいぞう)
1976年東京生まれ。三歳より千葉県浦安市で育つ。
東海大学政治経済学部を卒業後、ミュージシャン、家業である消火設備会社の二代目ボンボンを志すも挫折。
現在は映像制作を生業としつつ、配信回数二千回以上を誇るポッドキャスト「こむぞう」にてパーソナリティを務める。

第14回ボイルドエッグズ新人賞講評 ● 村上達朗(紹介記事抜粋)

 第14回ボイルドエッグズ新人賞は、大橋慶三氏『じらしたお詫びはこのバスジャックで』と決まりました。
おめでとうございます。まず、タイトルがすばらしい。
応募作はエントリー順に読んでいくのですが、このタイトルからどんな話なのかとそそられ、原稿を読むまであれこれと想像しました。
いうまでもなく、作品においてタイトルはきわめて大事で、中身と同じくらいに心血を注いで付けるべきものです。
ストーリーは忘れても、タイトルは忘れないという名作はたくさんあります。
作家によっては、物語を考える前に、というより、物語とは別に、タイトルを考えるという人もいるくらいです。
じらしたとは何をじらしたのか、お詫びとは何をお詫びするのか、そしてこのバスジャックでということは、話はテロ? 
それにしてはふざけたタイトルだが……と想像をかきたてられます。こうなったら作者の思う壷です。  
読み出すと、中身も期待にたがわぬ出来、面白さでした。東京近郊のレンタルビデオ店から話が始まりますが、
それはほんの導入部にすぎません。二時間ノンストップの映画を見せられているようなスピード感とともに、
話は二転三転し、気づくと読者は思いも寄らないところに立たされています。
原稿枚数が原稿用紙換算で240枚と、長編としてはややボリュームが足りず、その分過去のエピソードなどに不足の箇所があるので、そのあたりを改稿でふくらますことができれば、ユニークな傑作が誕生すると思います。
刊行まで楽しみにお待ちください。
物語の展開に意外性があり、この先どうなるのだろうと思わず読みふけってしまうこの小説に作品のすばらしさを感じました。

いつも物静かで紳士的な大橋康夫様、そして、チャーミングなユーモアと笑顔が微笑ましい奥様のご長男(大橋慶三様)の
秀でる才能に拍手喝采です!
大栄カントリー倶楽部に2冊この本がありますが、アマゾン書籍通販で5つ星のこの小説、1,470円ですので、
ぜひ、お買い求めして皆様で応援してあげましょう。
おそらく直木賞も獲得できると思います。
次回の作品が楽しみになりました!

 
 佐藤三智子さんの感想文 (大栄カントリー倶楽部 総務部)


 まず、驚いたのがこの題名でした。“じらした・・・?
”何を?!“お詫び・・・?” 何の?!題名だけで好奇心はマックスになり、ページをめくると、主人公と思われる翔太が、家庭の事情で大学を退学、千葉のとある所に家族三人で引っ越してきて、アルバイト先のビデオ店での会話、何を言っているのかわからない新人類の言葉が爆裂で、半世紀を生きてきた私には理解不明でしたが、千葉のさびれたニュータウン感は伝わってきました。  そして、いよいよ今日で運行最後というディズニーランド行きのバスに家族三人で乗るのです。乗り合わせたのは「ミッキーのTシャツを着たデブ」「七三に髪を分けた教授と援助交際の女子高校生」「金髪長髪のサイケな男」「小柄な学生服の少年」プラス運転手の九人でバスは出発した。そして、この全員が、それぞれの事情でバスジャックを試みるのです。バスという狭い空間と高速道路を走っているというスピード感で、一気に読み進んでしまいました。 最後はバスの中の人間が一人残らず感情の解放の手段として、また、それぞれ抱えている何かを吐き出す為、泣き叫んで、「なんか知んないけど、チョー気持ちいい!」となるのです。  この小説は誰も怪我することなく、傷つくことなく、ハッピーエンドで終わります。 笑顔で終わるのです。きっと、作者はそういう人なんだなぁと思い、私も「ニヤッ」と本を閉じ、心地よい眠りにつきました。                         
   <お 知 ら せ !>
大栄カントリー倶楽部はプライバシーポリシーを遵守します。
掲載が不適切な場合はご連絡を下さい。TEL0476-73-5522 FAX0476-73-5670 
    E-mail はポストをクリックして下さい。