大栄カントリー倶楽部
〒287-0214千葉県成田市横山638 TEL0476-73-5522 FAX0476-73-5670 お問い合わせ
2005年?楽部選手権
優勝 安藤敬一郎選手(通算3V)
 
 
 
 
2005年クラブ選手権決勝戦は、先週の9月25日に定刻通り開始されましたが、台風17号の襲来で暴風雨となり9ホール終了後サスペンデッドとなりました。本日は、その継続試合になりましたが秋晴れに恵まれた決勝戦に相応しいお天気となり、安藤敬一郎選手VS川崎利彦選手の雌雄を決する舞台は整いました。
2UP先行の川崎選手がINコース10番のスタートホールでいきなりバーディを奪い、幸先の良いスタートを決めました。新鋭川崎選手の独走かとも思われましたが、安藤選手も奮起して11〜14番ホールを連続勝利し1UPと逆転しました。この勝負どころからビックタイトルにはあまり慣れていない川崎選手に少しずつメンタルなマッチプレーの重圧が加わり、勝利の風向きは安藤選手へと変わったようにも思いました。息を呑み込むようなグリーン上のパター戦は、彼岸を過ぎても終わらない夏を惜しむようにツクツク法師の蝉の声だけがして静寂の世界には無頓着のように聞こえました。
結局、20ホール目のINコース11番で安藤選手が王手を掛けドミーホールとなり、「8−7」で安藤選手はクラブ選手権通算3勝の栄冠の座に輝きました。勝利のパットを慎重に沈め帽子を脱いだ顔には、
素敵な安藤スマイルが輝いていました。おめでとう安藤選手!
また、3強を最後まで苦しめ善戦した川崎選手にも称賛の惜しみない拍手を皆様でお贈りしましょう!

今年のクラブ選手権は、予選が雷雨のため中断、決勝戦は台風のためサスペンデッドと天候によるアクシデントが多々ありましたが滞りなくクラブ選手権を終了することが出来ました。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。表彰式は、昼食時のレストランで行われましたがクラブ競技選手、最高峰のクラブチャンピオンの優勝コメントに、しばし、食事の手を止めての皆様から盛大な拍手が湧起りました。

戦いを終えて、優勝の安藤選手と準優勝の川崎選手が固い握手でお互いの健闘を讃え合いました。
勝利する者、敗れる者、結果はどうあれ切磋琢磨した日頃の鍛錬を心置きなく発揮することでドラマが生まれ、競技魂が養われるのではないでしょうか。両雄の闘いはこれからも続き、大栄カントリー倶楽部の競技史上に足跡を残すことでしょう!両選手には今後も益々のご活躍をいただき、感動のドラマが生まれるような良い試合をご披露していただくことを心よりご期待申し上げます!


 2005年クラブ選手権・決勝戦の両雄、安藤選手と川崎選手が、
 お互いの健闘を讃え合い固い握手を交わしました。

 クラブチャンピオン 通算3勝!
 安藤 敬一郎選手

 2000年 優勝
 2001年 優勝
 2005年 優勝

 4年ぶりのタイトル奪還に満足顔の安藤選手!

 3番ロングホール、2打目のショット、川崎選手

 4番のティーショット、安藤選手
   <お 知 ら せ !>
大栄カントリー倶楽部はプライバシーポリシーを遵守します。
掲載が不適切な場合はご連絡を下さい。TEL0476-73-5522 FAX0476-73-5670 
    E-mail はポストをクリックして下さい。